ブブー育毛剤

人気記事ランキング

ホーム > 葉酸サプリ > 葉酸は胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります!

葉酸は胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります!

妊活中の女性に対して、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。

 

細胞分裂が行われる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高くなるそうなのです。受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

 

妊活は女性側が実践するものがよく紹介されています。

 

しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。

 

不妊などの原因は母体にあるばかりでなく、意外にも男性側の問題だというケースもあります。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。

 

葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。

 

ですので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。

 

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

 

適切に摂取を続けることで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

 

赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に摂取した方が良いでしょう。

 

葉酸 無添加 おすすめ